航空券と新幹線チケットの料金比較

新幹線か飛行機か

日本における交通網の進化のスピードと規模は、世界的にも目覚ましいものであり、世界に誇れるレベルです。東京オリンピックの時代に新幹線が開通してから今日に至るまで、速度も走る距離も、そして全国に張り巡らされている路線の規模も目を見張るものがあります。陸路は、自動車や各ローカル路線、そして新幹線の進化のおかげで、流通システムとしても移動手段としても、その恩恵をたくさん享受することができました。

一方で、空の道も凄まじい進化を遂げていて、航空機は20世紀最大の発明であるとうたうテレビCMもありましたが、あながち間違いではありません。航空技術の発達のおかげで世界が近くなり、グローバルな活躍をすることができるビジネスパーソンや、パワーノマドやフリーマンと言ったフリースタイルのビジネスライフが実現しやすくなったのも、航空技術の発達が関係しています。グローバル企業が活躍できる背景には、こうした航空機の恩恵があります。海外渡航は、船という移動手段もありますが、スピードを要求されるグローバルビジネスにおいては、航空機での移動は欠かせません。

21世紀に入り、今はリニアモーターで動く路線が注目を浴びていますが、それはまだ未来の話であり、まだまだ新幹線と航空機の活躍は続きます。

そこで、航空券を買って移動する方が安いのか、新幹線のチケットを買って移動する方が安いのか、という疑問が出てきます。東京と大阪のように、新幹線での移動も飛行機での移動もできる都市間では、どちらが安く移動できるのか、この二つの都市の移動に焦点を当てて、料金比較をして検証します。

Copyright © 2013 航空券と新幹線チケットの料金比較 All Rights Reserved.